韓国産の「チョコパイ バニラクリーム」

※この項は、別ページ「チョコパイのレビュー」に先に掲載した記事を、文章の一部を変更して掲載しています。

韓国製「チョコパイ バニラクリーム」のパッケージ

この商品は2016年12月下旬に、古くから営業している地場スーパーで偶然発見。

4個入りで108円という安さと、原産国が韓国であることに強く興味を惹かれ、突発的に購入したものです。

ちなみにそのスーパーでは、通常のロッテのチョコパイ(6個入り)が約240円でした。


「チョコパイ バニラクリーム」の箱側面

箱側面の詳細書き。

原産国名は「韓国」と記されていますが、製造企業が不明なのは残念です。

ただ日本での販売会社(輸入者)は、「ハッピーポケット」と明記されています。


「チョコパイ バニラクリーム」の箱のイラスト

日本メーカー製チョコパイと比べると、明らかに割安であるだけに、流石に各所のチープ感が否めません。

例えば箱のイラスト(写真?)は、印刷に若干不鮮明さがあります。


「チョコパイ バニラクリーム」の箱をオープン

箱の蓋を開けると、4個入りである点を除き、日本のチョコパイとさほど変わらない印象。

ただしこちらは、箱の(写真における)前面の厚紙が二重になっておらず、保存用として蓋のベロを差し込む切込みが、存在しません。

この点は、コストダウンのためと思われます。


個別包装の表側 個別包装の裏側

個別包装のデザインは簡素で、ビニールもちょっと安っぽい質感でした。

日本のチョコパイとの価格差による違いが、このあたりには顕著に表れているようです。


チョコパイの中身

チョコパイを割ったところ。

実際に手に持ってまず感じたのは、表面のチョココーティングが、日本の一般的なチョコパイよりも若干薄いことです。

箱の記載によると、このチョコパイ1個の重さは約30g。
一方、私が食べてきた限りの日本メーカー製品では、一般的に

  • ロッテ:「標準32g」
  • 森永:「標準33g」
となっています。

チョコパイの大きさ自体は殆ど変わらなかったので、この重さの差は、チョココーティングに使われているチョコの量の差かもしれません。


「あまおう苺ケーキ」の箱と比較

日本メーカー製品とのパッケージサイズ等の比較ということで、たまたま当時手元にあった「あまおう苺ケーキ」と並べてみました。

まず箱の比較ですが、チョコパイの個数の違い(4個入りと6個入り)による、横方向の長さの違いはともかく、厚みは「チョコパイ バニラクリーム」のほうがあるのが、非常に意外でした。


「あまおう苺ケーキ」の個別包装と比較

次に個別包装ですが、縦・横の長さはほぼ同じであるものの、厚さはやはり「チョコパイ バニラクリーム」のほうがあり、どうやらこれが、箱の厚さの違いにもつながっているようです。


(食べた感想)

日本メーカー製の普通のチョコパイと比べると

  • 生地にサクサク感がある(=しっとり感があまり無い)
  • クリームの食感がしつこく、口の中に若干残る(油分が多いため?)
との違いを感じました。

この点はやはり、コストの差によるのかもしれません。

とは言え個人的には、十分に美味しい菓子であり、販売価格も考慮すると、手ごろな値段でありながらちょっとした高級感を味わえる「チョコパイ」の魅力は、十分に備えているとも感じました。

韓国では古くからチョコパイの人気が高く[1]、また北朝鮮でも人気がある[2]とのこと。

国家間の問題はいろいろ有りますが、それはひとまず別として、今後機会があれば、それら近隣国に思いを巡らせつつ、他の韓国製チョコパイも食べてみたいものです。


※参考資料:

[1]チョコパイ〜韓国の人気お菓子(「KONEST」の記事)
http://www.konest.com/contents/korean_life_detail.html?id=5865
[2]チョコパイ(ウィキペディア)


楽天市場で「チョコパイ バニラクリーム」を検索
amazon.co.jpで「チョコパイ バニラクリーム」を検索

一番上に戻る

マレーシア産の「Tango クリスピーチョコ」

「Tango クリスピーチョコ」2種

本項の商品は、前項のチョコパイと同じ地場スーパーで、2017年3月初め頃に見つけて購入したものです。

2種類あり、購入価格はどちらも145円でした。


「Rice Cereal」のパッケージ表面

まず「Rice Cereal」のパッケージ表面です。

「Milk Choc with RICE CEREAL」の下の文字は、マレーシアの公用語の表記用文字であるジャウィ文字と思われます。


「Rice Cereal」のパッケージ裏面」

裏面を見ると、商品の正式名は「Tango Maxcranch Crispy Rice Cereal」のようです。

また日本での販売者は、「うまい棒」で知られる「やおきん」社となっています。


「Rice Cereal」のアルミ包装を開封

紙のパッケージを剥がし、チョコを包むアルミ包装を開けたところ。

アルミは強化のためか、外側の表面に薄いビニールコーティングが施されており、日本製のチョコのようにすんなりとは破れませんでした。


「Rice Cereal」の表側

チョコの一列を割り、ひっくり返して表側を見えるようにしたところ。

日本の同種のチョコよりも、厚みとボリュームがある感じでした。


「Rice Cereal」の断面

さらに、厚い部分でチョコを割り、断面を見えるようにしたところ。

商品名の通り、米のシリアルがふんだんに入っています。


「Caramel Flavoured Milk Choc with Rice Cereal」のパッケージ表面

もう一つの商品、「Caramel Flavoured Milk Choc with Rice Cereal」のパッケージ表面。

どうやら「Tango」が、これらの商品のメーカー名またはブランド名のようです。


「Caramel Flavoured Milk Choc with Rice Cereal」のパッケージ裏面

裏面によると、こちらの商品の正式名は「Tango Caramel Crispy Rice Cereal Choc」のようです。


「Caramel Flavoured Milk Choc with Rice Cereal」のアルミ包装を剥がしたところ

「Caramel Flavoured Milk Choc with Rice Cereal」の断面

アルミ包装やチョコの大きさ・形状、またライスシリアルが豊富に詰まった中身は、先の商品と同じです。

ただし味のほうは、こちらは商品名の通りに、キャラメルの風味があります。


(食べた感想)

実際に食べてみると、最初の青パッケージ「Milk Choc with RICE CEREAL」は普通のクランチチョコ、次の「Caramel Flavoured Milk Choc with Rice Cereal」は、前者の商品にキャラメルの風味が追加されたもの、という印象です。

どちらも値段の割りにボリューム感があり、また普通に美味しいものでした。

また、今回の商品はイスラム教の国であるマレーシア製であり、個人的に「イスラム教の人がチョコレートを食べる」というイメージが全く無かったので、その点で非常に新鮮さを感じました。

ただ購入した時期は、ちょうどマレーシアでの金正男氏の暗殺事件が連日取り沙汰されていた頃であり、若干複雑な気分もありました。(もちろんこのチョコレートとは、全く関係の無いことですが)


楽天市場で「Tango チョコ」を検索
amazon.co.jpで「Tango チョコ」を検索


一番上に戻る

トルコ産の「チョコガレット」

ハッピーポケット「チョコガレット」

今回の商品は2017年4月の上旬に、やはり先の2商品と同じく、地場スーパーの店頭で見つけたものです。

パッケージ(箱)は、長さ23cm×6sm×5cmと細長いです。


ハッピーポケット「チョコガレット」のパッケージ表側

パッケージの表側。

購入価格は108円と、かなりの安さでした。


ハッピーポケット「チョコガレット」のパッケージ裏側

パッケージの裏側。

原産国はトルコとのことで、これに惹かれて購入しました。

また日本への輸入者は、当ページ最初の韓国産「チョコパイ バニラクリーム」と同じ「ハッピーポケット」社となっています。


箱を開け、内袋を出す

箱の蓋を開け、内袋を引き出したところ。


内袋を開ける

内袋を開け、トレーに入ったチョコガレットを引っ張り出したところ。


チョコガレットの断面

チョコガレットの断面。

私は「ガレット」というのを初めて食べましたが、この商品は、クリームをビスケットで挟み、それをチョコパイのようにチョコレートでコーティングしたものでした。


(食べた感想)

原産地こそ、日本では珍しいですが、このお菓子もやはり(先の2商品と同様に)普通に美味しいものでした。

日本から遠く離れており、また歴史・文化も大きく異なる国でも、庶民的なお菓子はそうそう変わらない、ということかもしれません。

そう考えると、僅か100円ちょっとのお菓子を食べただけで、何か不思議な気持ちになります。

トルコやシリア等の中東地域では、残念ながら紛争・テロで政情不安が続いていますが、何とか平和が実現し、人々が平穏な生活を得られることを、願わずにはいられません。


楽天市場で「ハッピーポケット プチガレット」を検索
amazon.co.jpで「ハッピーポケット プチガレット」を検索


一番上に戻る

関連ページ

  • 現在無し。

一番上に戻る

(スポンサード リンク)


更新履歴

  • 2017/5/19Fri:アップロード

一番上に戻る