販売価格


(ムラウチ)

家庭用の電動除雪機「スノーエレファント」の価格が安いショップを、楽天市場とamazon.co.jpで調べてみました。

2011/1/11に調べたもので、現在では販売価格の変更や、品切れの可能性があります。
 また金額は、消費税5%込みのものです。)


順位ショップ価格送料代引き
1位 ナルキ屋 37,800 600円〜 不可
2位 ムラウチ 39,795 0 0
3位 特選屋 39,800
セレクトプラス 0円〜 315
きょうわギフト 0 不可
ビタミンバスケット 700
雑貨DEPO
参考 amazon.co.jp 59,800 480円〜 ×

楽天市場での「スノーエレファント」の販売価格帯は、37,800円〜59,800円でした。


楽天市場の取扱ショップは数十件とかなり多く(※品切れ状態のショップも多い)、高額ながらもなかなかの人気商品であることが伺えます。

検索では上記表よりも安い(2万円台後半〜)販売ショップも幾つかヒットしましたが、今回はその全てが品切れ状態でした。


またamazon.co.jpでの販売は、マーケットプレイスへの出品のみでした。



※当ページの表の順位は、商品の販売価格のみを比較したものです。
 実際の支払い金額では、送料代引き手数料等を考慮する必要があります。
※送料などについては、当ページの表では各ショップ記載の詳細を、省略して記述しています。
 (例えば離島などでは、追加の配送料がかかる場合などがあります。)

※最新の販売価格は、下記リンク先でチェックできます。

一番上に戻る

口コミ・レビュー

楽天市場やアマゾンに掲載されている、「スノーエレファント」購入者の口コミ・レビューを調べてみました。

(各ショップの掲載レビュー数は、2011/1/11に調べたものです。)


  • amazon.co.jp:投稿レビュー無し


(ライトハウス ガーデン)

3万円以上の製品ですが投稿レビュー数は意外に多く、まず難点としては

  • 湿った雪の場合はパワー不足。(途中で詰まることがある)
  • マニュアルと実際のパーツが異なる等、組立に手間取る場合がある。(パーツの不具合の報告もみられる)
  • 思ったより音が大きい。

といった点、一方で長所としては

  • 新雪の場合は、非常に役立つ。
  • 本体が軽量で扱いやすい。
  • 家庭用コンセントを用いるコード式なので、簡単に電源が入る。

等の点が挙げられています。

特に

のレビューでは、詳しい使用感が記述されており、電動機としては除雪能力が評価されています。


またユーザーレビューではありませんが、ショップによっては

との情報も掲載されています。


※最新の口コミ・レビューは、下記リンク先でチェック可能です。


一番上に戻る

特徴・機能・仕様

家庭用電動除雪機「スノーエレファント」の特徴機能仕様等を、販売ショップ[1][2]の表記を参考にまとめてみました。

※正確な情報は、参照元サイトで確認する必要があります。

(主な特徴・機能)

  • 家庭用の交流100V電源で使用できる電動除雪機。
  • 日本とドイツとの共同で開発された。
  • 左右の投雪方向は、手元で切替できる。
    (※上下の角度調節は、手元では行えない)


(ナルキ屋)

(主な仕様)

  • 除雪可能幅:420mm
  • 除雪可能積雪:300mm
  • 最大投雪距離:
    ・新雪(さらさらの粉雪):約4〜5m
    ・少し水を含んだ雪:約13m
    ※雪質により大きく変わる。
    ※圧雪や凍結した雪の場合は、スコップ等であらかじめ細かく砕かなければ使用不可。
  • 最大投雪速度:40m/60
    ※雪質により大きく変わる。
  • 除雪能力:1,600m2/60
    ※雪質により大きく変わる。
  • 投雪角度:
    ・前方向:左右160
    ・上下:30〜70
    (※投雪角度は変更可能)
  • 本体の素材:ABS樹脂・スチール
  • 重量:17kg
  • サイズ:幅約490mm×奥行約1,100mm×高さ約1,000mm
  • 電源:AC100V
  • 消費電力:1,200W(電流12A)
  • 雪かき翼:鉄板に特殊ゴムを挟んだ新考案品。
    耐用時間300時間保障。(通常一般使用で5年以上に相当)
    (※雪以外の異物を巻き込んだ場合は保証外)
  • 無負荷回転数:2,000rpm
  • 定格時間:60分(推奨30分)
  • 防水コード:20mの延長コード(GS規格)付き
  • 輸入販売元:アルファ工業株式会社


(ライトハウス ガーデン)

(別売りの消耗品)

  • 駆動ベルト(大・小)

※参考ページ

一番上に戻る

関連ページ