注文品が到着

注文品が到着

今回の商品は、楽天市場のショップ「えこじじいの店」さんで2011年12月に購入。

商品価格は792円で、送料(メール便)は80円でした。

ちなみに今回は、夕方に注文したその日の数時間後に発送手続きのメール通知、という迅速さでした。


梱包の表側

梱包は、紙製の封筒の内側に、プチプチ(緩衝材)が貼られているシンプルなものです。


梱包の裏側

とはいえ簡素化されているだけでなく、裏側には

  • ペーパーレス化の取り組み(納品書の同梱は無し)
  • 商品保証の内容

等の記載があり、販売ショップの丁寧な姿勢が感じられます。


一番上に戻る

パッケージ

梱包から商品を取り出す

梱包を開封。


「enelong」(単3型、4本組)のパッケージ

「enelong」(単3型、4本組)のパッケージ。

「eneloop」やソニーの「サイクルエナジー ゴールド」よりも価格が安いだけに、購入前は正直、もっと安っぽいパッケージを想像していました

しかし実際に見てみると、見やすいデザインや間違いが殆ど無い日本語表記など、品質はかなり高い印象を受けます。


「enelong」(単3型)のパッケージ表面

ソニーの「サイクルエナジー ゴールド」(2,000mAh)より大きい電池容量の表記(2,100mAh)には、やはり驚きます。

ただし実際に性能がどの程度異なるのか、という点については、私は正確な比較を行っていません。


「enelong」(単3型)のパッケージ裏面

パッケージ裏面には

  • 自然放電が少ない。
    (半年放置後で約85%、1年でも約80%の充電状態をキープ)
  • メモリー効果が少なく、継ぎ足し充電を安心して行える。
  • 約1,000回の充電が可能。

等、商品の特徴などが記載されています。

また、メーカーについては

  • 製造元:ShenZhen BetterPowerBattery Co.,Ltd
  • 販売元:株式会社日本トラストテクノロジー(JTT)

との記載があります。(製造国は中国)


一番上に戻る

電池本体

「enelong」(単3型)本体の商品名ロゴ部分

「enelong」(単3型)本体の商品名ロゴ部分。


ニッケル水素電池「enelong」(単3型)の本体01

反対側はこのような感じ。

パッケージには無かった、製造企業のURLが記載されています。


「enelong」(単3型)のプラス側端子

プラス側端子の凸の面は、他メーカーのものと同じくフラットです。


「enelong」(単3型)のマイナス側端子

マイナス側端子もフラットな形状。


「eneloop」と「enelong」を並べてみる

「eneloop」と「enelong」を並べてみました。

胴部分はenelongのほうが僅かに長いですが、全体の長さは同じになっています。


一番上に戻る

使用した感想


(楽天市場「えこじじいの店」)

今回は、管理人が先に購入していた「Wrap 310XL」での使用をメインの目的として、以前から興味を持っていた「enelong」を購入してみたものです。


購入後は、当ページの作成時点(2012/3/3)まででは

といった機器で(回数は少ないものの)使用してみましたが、動作しない等の問題は全く生じていません。


持続時間については正確に測ってはいませんが、LEDランタン「Explorer EX-757MS」で使っている限りでは、ソニーの「サイクルエナジー ゴールド」と最低でも同等、という感覚です。(容量の表記どおりに、ちょっと長いぐらいかも)

そのため現在は結局「EX-757MS」での使用がメインになっており、1回の使用時間が短い「Wrap 310XL」ではソニーの「サイクルエナジー シルバー」のほうを使っている状況です。


充電回数を重ねるのに伴う性能劣化の程度については、ソニー製電池とローテーションで使用しているためにまだ使用・充電回数が少なく、どんなものかは判断できません。

ちなみに充電は、「eneloop」用やソニー「サイクルエナジー」用の普通充電器で、正常に充電できるようです。(今まで特に問題無し)


現時点では、低価格な中国メーカー品とはいえ品質はかなりしっかりしている、という印象で、今後更に乾電池型の充電池が必要になった場合、十分に購入候補に入るものと考えています。

ただし販売ショップによっては、単3型4本が1,000円を超えているところもあるので、よく選ぶ必要があるとは思われます。


※2013/7/9追記:

現在は、3本をLEDランタン「EX-777XP」、残り1本を「Wrap 310XL」で使っています。

使用開始から1年半以上が経ちましたが、性能の劣化などは特に感じられず、全く問題なく使用を続けています。


※メーカーのサイト:

  • Shenzhen BetterPower Battery Co.,LTD
    http://en.betterpower.com.cn/
  • Ready To Use NiMH Rechargeable Battery(容量は異なる(2,200mAh)が、「enelong」と良く似たデザインの単3型充電池)
    http://en.betterpower.com.cn/Products/ReadyToUseNiMHRechar.html
  • enelong エネロング(JTT社)
    http://www.jtt.ne.jp/products/original/enelong/index.html

※検索結果:


一番上に戻る

関連ページ


一番上に戻る

(スポンサード リンク)


更新履歴

  • 2012/3/3:アップロード
  • 2013/7/9:細部をいろいろ変更。

一番上に戻る