MARSHALの外付けHDD「SHELTER」(1TB)が到着

2011年の2月頃に、私が使用しているデスクトップPC(日立の「FROLA 330W DG4」)のHDD(40GB)の残り容量が少なくなってきたことから、データのコピー等が容易な外付けHDDの購入を検討することにしました。

楽天市場でいろいろ見て回っていたところ、「楽天プレミアムステージ」というショップで、MARSHAL社の「SHELTER」(MAL-WEB3.5ES/1TB)という製品が、在庫処分品ということで約6,000円で販売されているのを発見。

当初は「数百GBのものが手ごろな価格で買えれば御の字」と考えていたので、私にとって未知の容量である「1TB」の製品がこの価格で購入できるのはまたと無い機会、ということで、2月半ばに購入を決定しました。
(販売ページに掲載されていた残り在庫数が数十台だったことも、購入を早く決める後押しになった)

MARSHALの外付けHDD「SHELTER」(MAL-WEB3.5ES/1TB)が到着

注文してから数日後に、無事に製品が到着しました。

箱は小ぶりでしたが、持ってみるとずっしりと重かったのは、かなり驚きでした。


梱包を開封

ダンボール箱の中は、緩衝材に包まれた製品の箱がぴっちりと入っていました。

製品の箱の周りは、指も殆ど入らないぐらいだったので、取り出すときにちょっと手間取りましたが、資材の節約という点では合理的な梱包だと感じます。

勿論、製品自体には何の不都合も生じていませんでした。


このページのトップに戻る

MARSHALの外付けHDD「SHELTER」(1TB)のパッケージを見てみる

MARSHALの外付けHDD「SHELTER」(MAL-WEB3.5ES/1TB)のパッケージ・表

製品パッケージの表側。

先述したとおり、配達された箱を持ったときもそうですが、製品の箱を直接持ってみても、やはりずっしりと重いです。
(1TBという容量ならではの重さ・・・ということは無いか)

箱の表側には、製品の特徴・アピールポイントが簡潔に記載されています。

この製品は、東芝の「REGZA(レグザ)」やソニーの「PS3(プレイステーション3)」にも接続して使用できるとのことですが、私はそれらの製品を購入する予定は無く、パソコンで普通に使えれば満足、というところです。

ただ、私の現在のPCは「e-SATA」接続用の端子を搭載していないので、高速転送の恩恵を受けることができないのは残念です。


MARSHALの外付けHDD「SHELTER」(MAL-WEB3.5ES/1TB)のパッケージ・裏

箱の裏側には、製品に関するより詳しい解説やデータ(パッケージ内容や仕様など)が記載されています。

対応OSはWindows2000以降とのことで、購入当時の私のPCの環境にばっちり適していました。

(※Windows XP Professionalへのグレードアップ前に、データのバックアップに使用した)


MARSHALの外付けHDD「SHELTER」(MAL-WEB3.5ES/1TB)のパッケージ側面01

パッケージの側面は、このように本体の写真と、特徴を現すマークが記載されています。


MARSHALの外付けHDD「SHELTER」(MAL-WEB3.5ES/1TB)のパッケージ側面02

こちらの側面も、上記と同様です。

ベースカラーの紫に、黒い本体の写真というのは、なかなか締まった印象を受けます。


パッケージを開けてみる

パッケージを開けてみると、このようになっています。

薄べったいHDD本体が、発泡スチロールのクッションで左右から(箱の中に浮いた状態で)固定されており、更にHDD脇のスペース(写真では上側)に付属品が入った細長い箱が入れられている、という無駄の無い配置です。


このページのトップに戻る

MARSHALの外付けHDD「SHELTER」(1TB)の本体・付属品

MARSHALの外付けHDD「SHELTER」(MAL-WEB3.5ES/1TB)の本体

HDDの本体を見てみます。

本体の側面外装は金属(アルミ製とのこと)で、非常に頑丈そうな感触があり、また触ると冷やっとします。

また手に持ってみると、かなりずっしりとした手ごたえがあります。
宅配されてきたダンボール箱の段階から重たかったですが、この重さはHDD本体が殆どを占めている、と思われます。

外側はアルミで軽量なはずなので、中身が重たい、ということでしょうか。
(どんな構造なのか、非常に興味を引かれるところ)

ちなみに手に持って扱う場合は、重たい上に外側が滑りやすいので、注意が必要だと思われます。


MARSHALの外付けHDD「SHELTER」(MAL-WEB3.5ES/1TB)の前面

本体の前面。

クサビ型の空気穴が2つ設けられています。


MARSHALの外付けHDD「SHELTER」(MAL-WEB3.5ES/1TB)の後面

本体の後面。

  • USB
  • eSATA
  • AC電源

の3つの端子と、

スライド式電源スイッチが備えられています。


MARSHALの外付けHDD「SHELTER」(MAL-WEB3.5ES/1TB) の動作ランプ

本体後面の横には、動作状態を占めるランプが2つ設置されています。

(詳細は詳細は後述


MARSHALの外付けHDD「SHELTER」(MAL-WEB3.5ES/1TB)の付属品を出してみる

次に、付属品を見てみます。

付属品は、同梱の箱にまとめて入れられています。


MARSHALの外付けHDD「SHELTER」(MAL-WEB3.5ES/1TB)の付属品

付属品を並べてみました。

内訳は、

  • ACアダプター
  • USBケーブル
  • eSATAケーブル
  • スタンド
    (本体縦置き用)

となっています。

ACアダプタは、出力が12V・2,000mA。

また本体は平べったい形状で、プラグ端子はその平たい形状の長手方向に並べて設置されており、隣り合っているACコンセントで使う場合でも、(通常のごついACアダプタのように)他のコンセントを塞がないようになっています。


MARSHALの外付けHDD「SHELTER」(MAL-WEB3.5ES/1TB)をスタンドで縦置きした状態

スタンドで本体を縦置きしてみると、このようになります。

スタンドは、本体との接触部分にゴム(硬いスポンジ?)の薄いシートが貼り付けられており、滑りやすいHDD本体を上手く挟み込んで固定できるようになっています。

スタンドのパーツは小さいですが、安定感は以外にありそうです。

ただし縦置きする場合は、本体後部の動作ランプが見える(上側に来る)ように気をつける必要があります。
(本体は外側に特徴があまり無く、見分けがつきづらいので)


MARSHALの外付けHDD「SHELTER」(MAL-WEB3.5ES/1TB)の説明書

付属の説明書。

横長の紙が四つ折にされています。

また、記載されている内容は意外にシンプルです。(最低限の内容、という感じ)


このページのトップに戻る

MARSHALの外付けHDD「SHELTER」(1TB)を使ってみる

MARSHALの外付けHDD「SHELTER」(MAL-WEB3.5ES/1TB)の動作ランプ

早速、パソコンに繋いで使用してみます。

ここでは、私が3年ほど使用している「FROLA 330W DG4」(Windows2000)に、USB接続しています。
(※PC(Windows7、Vista、XP、2000Pro)で使用する場合は、ドライバのインストール等は要らず、接続するだけで自動的に認識される)

先述の通り、本体後部(縦置き時の上面)には、2つの小さい動作ランプが設置されています。

ランプの種類は、

  • POWERランプ
  • HDDアクセスランプ

で、写真はPOWERランプ(青色)が点灯している状態です。

一方、ここではHDDアクセスランプは点灯していませんが、アクセス時(データの書き込み等)には動作に応じて赤色に光ります。


MARSHALの外付けHDD「SHELTER」(MAL-WEB3.5ES/1TB)を縦置き状態で使用

縦置きでの使用状態。

アルミ外装で黒い外観、また本体が重いことから、かなり存在感・高級感を感じます。


MARSHALの外付けHDD「SHELTER」(MAL-WEB3.5ES/1TB)の容量を確認

Windowsで、初期状態のHDDのフォルダを見てみました。

初期状態で90MBちょっとが使用されており、空き容量は931GBとなっています。


MARSHALの外付けHDD「SHELTER」(MAL-WEB3.5ES/1TB)の隠しフォルダ

フリーウェア「Vix」でフォルダを見てみると、「System Volume Information」フォルダが隠しフォルダとしてありました。


今回はまず、Windows XP Professional(再生中古PC用)」のインストール前の、データバックアップ用として使ってみましたが、(当たり前ですが)10〜20GB程度を書き込んでも、空き容量が減った感じがほとんどせず、「1TB」という容量の巨大さを実感しました。

当ページの作成時点(2011/4/4)で、正直まだ数回しか使用していませんが、データの書き込み・読み込みに全く問題はありません。

また、USB接続のみでの使用ですが、メモリーカードと比べると、書き込み速度は非常に速いです。(20MB程度なら一瞬、という感覚)

本体稼動時の音は、私は外付けHDDを使うのは今回が初めてなので、他の製品がどうなのかは判りませんが、かなり静か(小さい「シュー」という音がする程度)で、特に耳障りになることはありません。

実際の製品寿命がどの程度なのかは、現状ではわかりませんが、1TBと大容量で、またつくりがしっかりしていることもあり、個人的には長く使っていきたい製品です。


※各ショッピングモールでの検索結果

このページのトップに戻る

関連ページ