購入の背景

2012年1月にAndroid採用のタブレット機Creative ZiiO(10インチ画面)」のアウトレット品(12,800円)を購入しましたが、ショップでの注文手続き後に「画面保護用のフィルムを用意していない」ことに気付きました。

そこでネットショップを見て回ったところ、楽天市場で10インチタブレット機用の保護フィルムが数百円で販売されているのを発見。

2ショップありましたが、送料などを考えた結果、今回は「東昇貿易 楽天市場店」さんで購入することにしました。 (支払額は、商品代金210円+送料300円の計510円)


一番上に戻る

注文品が到着

注文品が到着

2012年1月下旬に注文して直ぐに発送され、私の元には注文日の3日後に到着。(※管理人は北海道在住)

梱包は、シンプルな薄いダンボール製のものでした。


梱包を開ける

その梱包を開けたところ。

商品自体に損傷などは全く生じていませんでした。

低価格品だけあり、商品自体も非常にシンプルです。(納品書の同封も無し)


一番上に戻る

パッケージ・製品

「Creative ZiiO 10」と並べたところ

袋に入ったままの保護フィルムを「Creative ZiiO 10」と並べたところ。

一見見たところ、大きさ・形状(縦横比率)的にはちゃんと適合しそうな印象です。

しかし(後述しますが)実際に貼ってみると、横幅が数mmほど足りませんでした。


保護フィルムのラベル

保護フィルムのパッケージ(というか無地透明の袋)には、商品名やメーカー名、使用方法などの記載は全くありませんでした。

一応、このようなバーコード等の記載ラベルが貼られていましたが、内容の意味は判りません。


マスク剥がし用のタブ1

無名の製品とはいえ、保護フィルムの両面にはちゃんとマスクが貼られています。

これは、そのマスクを剥がすためのタブです。
(@と番号が付いているので、液晶画面に張り付く面)


マスク剥がし用のタブ2

こちらはAのタブです。(液晶画面に貼り付けた後に剥がす、表側の面)


ビニール袋から出した保護フィルム

ビニール袋から出すと、ちょっと反りがありましたが、画面に貼る上では全く問題ありません。


一番上に戻る

「Creative ZiiO 10」の画面に貼り付ける

「Creative ZiiO 10」の画面でサイズ確認

ということで、いよいよ「Creative ZiiO 10」の画面に貼り付けます。

まず「Creative ZiiO 10」の画面に保護フィルムを置き、大雑把にサイズと貼る位置を確認。


液晶画面を拭く

そして、液晶画面を拭いて綺麗にします。

(ここでは、パソコン用眼鏡「JINS PC」に付属の眼鏡敷きを使用)


保護フィルムを貼り付け

次に、保護フィルムの粘着面側のマスク(@と書かれているタブシールのほう)の端を少し剥がし、「ZiiO 10」の画面部分の端に貼り付けて、位置・平行を合わせます。

そしてマスクを引っ張って剥がしつつ、フィルムを密着させ貼り付けていきます。

写真は撮影の都合上、手を離した状態にしていますが、実際は左手でマスクを引っ張りつつ、右手でフィルムを画面に密着させる・・・と両手を使いました。


「タブレットPC用 10インチ保護フィルム」

以前に行ったiPod touchでの保護フィルム貼り付けがいまいち上手く行かなかったので、今回は慎重に行い、まあまあ納得の行く貼り方ができました。

・・・と思いましたが、最後に貼り付けた側の端(写真では左端)を見たところ、5〜6mmほど長さが足りない状態になっているのを発見。


隙間の部分をアップ

生じてしまった隙間の部分をアップ。

どうやら、保護フィルムの長手方向の長さが、液晶画面よりも若干短かったようです。
(他方で上下の幅は、逆に各1mmずつ余裕があるぐらい)

流石にこの隙間は(実際の使用時に)目に付くと思い、正直がっくりしつつ、せっかく貼ったフィルムを剥がして貼り付け直す・・・という作業を、3〜4回行う羽目に。


「タブレットPC用 10インチ保護フィルム」

・・・ということで、気泡が多く残り、粘着面の端もけっこう汚れてしまいましたが、何とか隙間が左右均等になる位置で貼り付けを完了しました。

(写真はフィルム表側のマスクを剥がし、「ZiiO 10」を起動した状態)

ちなみに気泡については、大きいものは指で地道に押し出す作業を行い、小さいものはそのままにしましたが、そのご小さい気泡は(自然に?)大部分が消え、現在は右写真の状態よりはかなりマシになっています。


一番上に戻る

使用した感想


(東昇貿易楽天市場店)

貼り付け前に、液晶画面とのサイズ比較を丁寧に行わなかったため、貼り付け後にサイズが若干足りないことに気付く羽目になったものの、その後のタブレット機の使用においては、特に問題は生じていません。


むしろ、このフィルムは表面の手触りがかなり滑らかで、タッチパネルの操作が非常にしやすいぐらいです。

このフィルムと比べると、サンワサプライの「iPod touch用セミハードケース」付属のフィルムは、表面の摩擦がちょっと強く、特にゲームプレイ時にひっかかる感触があります。


またフィルムの厚さも、手で触って「しっかりしている」と感じる位のもので、無名の低価格品ながら、品質はかなり良いと感じています。

貼り付け後の画面の視認性にも、特に問題は感じられません。


ただし、タブレット機メーカーの純正品ではないだけに、貼り付ける液晶画面とのサイズの比較・確認は、貼り付け作業を行う前にしっかりと行う(若干反りがある保護フィルムを、液晶画面にしっかり密着させて確認する)ことが、必要になると思われます。


※「タブレット 保護フィルム 10インチ」の検索結果:


一番上に戻る

関連ページ