外観

※今回の品は、既にある程度の時間と回数使用したものなので、柄の汚れや刃の錆などが目立っている点をご了承ください。
(柄が黒っぽいのは、油が染みた皮手袋をはいて使ったことによるものです)

「若獅子 らくかり鎌 210mm」の全体

「若獅子 らくかり鎌 210mm」の全体。

柄の長さは1mです。


「若獅子 らくかり鎌 210mm」の刃・表側)

刃の部分は、ある程度の厚さが有ってしっかりしていますが、更に背の部分に、補強用?の鉄板が取り付けられています。

これにより、刃全体の重さが増しており、そのお陰か、草刈り作業では軽く振る程度でも、結構スパスパと切れてくれます。

また切れ味も、新品の時には刃先を指の腹でチョンチョンと叩いたところ、指先にピリッと切れそうな刺激が来て「やばい!」と思い、すぐ手を引いた程です。


ただし写真の刃は、既に石に当って何箇所か欠けを生じてしまっています。

その都度砥石で研ぎ直していますが、完全に欠け部分を消せてはいません。

しかしこの程度の研ぎでも、草を刈ったときの切れ味は、新品とあまり変わらない感じです。


「若獅子 らくかり鎌 210mm」の刃・刃先側

刃先側から見たところ。

刃が厚めで堅牢とはいえ、裏側の面(草を刈るときに地面に向く面)に石が何回も当ると、刃全体が沿ってくる(裏側のほうに弓状に張り出してくる)のは、変わらないようです。


「若獅子 らくかり鎌 210mm」の刃・裏側

刃の反対側の擦れたような跡は、草刈作業時に地面の石に当って生じたものです。

また錆は、雨降りの後に水滴が残っている草を刈り、作業終了後に拭かなかったため、生じたようです。

この点は今後、手入れにもうちょっと気を付けたいと思います。


刃のカバー

刃のカバーは、購入時から付いているもので、厚手のビニール製でしっかりしています。

これがあることで、保管時に刃にうっかり固いものを当てて傷めたり、また近づいた人が刃で不意に傷つく危険も無くなるので、地味ですが非常に大切な付属品です。


ステッカーと焼印

上のほうのステッカーには「若獅子」のロゴが有りますが、写真では草刈作業時に草に擦れたため、かなり掠れてしまっています。

その下のステッカーには、製品の特徴が記載されており、やわらかい草〜かたい草(ヨシ、ススキ等)まで刈り取れるとの説明が、購入の決め手の一つになりました。


その下の焼印の「210ミリ」は、刃の長さのようです。

ちなみに、この商品には他の焼印が無いですが、購入時のレシートに「チュウアツ」とあったので、刃の厚さのタイプは「中厚」とみられます。


柄の端

堅牢な柄は、握りやすい太さで、端も角がちゃんと落とされており、非常に使いやすいです。


一番上に戻る

使用感

今回の商品は2017年8月に、某ホームセンターで購入したもので、購入価格は約4000円でした。


それまでは自宅と職場周辺の雑草を、柄がアルミ製の鎌(他ブランド、3000円程度)で刈っていましたが、軽量で柄も長く、取り回しはしやすかったものの、刃が石などに少し当ると欠けて切れ味が明らかに落ち、作業中に何回も砥石で研ぐ羽目になっていました。

加えて刃が薄くて軽いためか、柔らかい草を刈る際には、かなり勢いをつけて振る必要があり、そのため余計に、石に当ると刃が欠けやすい・・・という悪循環に。

そのため草刈り作業がはかどらず、業を煮やして、ちょっと価格が高めのこの鎌を購入したものです。

当ページの作成時点では、1回2時間×6・7回ほど使用しています。


私(身長174cm)が使う際には、が以前のアルミ鎌よりかなり短いため、僅かに腰を落とす必要があるので、できれば柄はもう少し(10cmくらい)長ければベストでした。

それでも(全体の重さのバランスも合わせて)柄が持ちやすく、非常に振りやすいことは確かです。

また現時点で、柄の割れ・裂けは愚か、ささくれ等も全く生じていません。


刃の切れ味は(以前のアルミ鎌とは)格段に異なり、「やわらかい草からかたい草まで」との表記は極めて確かだと感じています。

細い葉が地面から束になって生えているような草は、前のアルミ鎌だと全部スッパリ切るのが難しかったですが、この鎌ならさほど力とスピードを入れなくても、1〜2回で綺麗に刈ることができています。

もっとも石に当ると、刃はやはり欠けますが、(以前のアルミ鎌と比べると)生じる欠け自体が小さく、また欠けた状態のままであっても、切れ味の低下を殆ど感じません。

また、刃と柄の取り付け部分のグラつきは、全く生じていません。


総じて品質の高さが強く感じられるものであり、個人的にはこれなら、5000円でも全く問題ないという印象です。(メーカー名や製造者の記載が見当たらないのは残念)

今後もできるだけ長く使えるように、大事に手入れしつつ使っていきたいと思います。


※検索結果:


一番上に戻る

関連ページ

  • 現在無し。

一番上に戻る

(スポンサード リンク)


更新履歴

  • 2017/9/29Fri:アップロード

一番上に戻る