表紙など

今回の書籍は、2009年12月にamazon.co.jpで購入しました。

「東方儚月抄 Cage in Lunatic Runagate.」の表紙・表

表紙カバーの表側は「蓬莱山輝夜(ほうらいさんかぐや)」のイラスト。

書籍のイラストは全て、「TOKIAME」氏による、独特の味と魅力の有るものとなっています。


「東方儚月抄 Cage in Lunatic Runagate.」の表紙・裏

表紙カバー裏側には「八意永琳(やごころえいりん)」のイラスト。


表紙カバーを広げた状態

帯を取って本を開いた状態にすると、「永遠亭」の重要人物2名が並んでいます。


表紙カバーを取った状態

表紙カバーの下は、赤地に黒い題字のハードカバーです。


一番上に戻る

読んだ感想

ストーリー的には、本来は重い部分があり、また悲惨な展開・結果になってもおかしくないものがあるはずですが、それらを上手く丸め込んでしまうところは、コミック版や原作ゲーム等と変わらず健在であり、不思議な感覚で読める作品です。

また今作では、ゲーム等ではあまり知ることができないキャラクターの内面(藤原妹紅や魂魄妖夢、レイセン等)も描写されており、TOKIAME氏のイラストと合わせて、楽しみながら読めました。

ただやはり、コミック版や原作ゲームをある程度以上知っていることが、今作を楽しむためには必要だと思われます。


※検索結果:


一番上に戻る

関連ページ

ゲーム

書籍

コミック

CD


一番上に戻る

(スポンサード リンク)