購入の背景

下巻を購入してから約1年半が経った2012年夏に、無性に上巻が読みたくなったのでamazonで探したところ、マーケットプレイスで通常版の中古本がかなりの安値で販売されているのを発見。

その中の最安値が105円(送料込みでも計355円)とかなりお手ごろだったので、9月の中頃に早速注文しました。


一番上に戻る

注文品が到着

注文品が到着

注文品が到着。


梱包を開封

梱包を開封。

紙パックは、内側に緩衝材(プチプチ)が貼られているタイプで、中身はしっかり保護されていました。

(ちなみに購入先の出品者は、紙パックに印刷されているロゴのとおり「駿河屋」さんでした)


4コマ漫画「東方儚月抄 月のイナバと地上の因幡 上(通常版)」

取り出した本。

実は今回の購入品では、表紙の左下隅が若干上に折れて跳ね上がっていましたが、著しく表紙の美観を損ねたり、読むのに支障が出る、というのは全く無い程度のものです。


一番上に戻る

カバー等を見てみる

4コマ漫画「東方儚月抄 月のイナバと地上の因幡 上(通常版)」

鈴仙の太ももが眩しい、「月のイナバと地上の因幡」上巻(通常版)の表紙。

ちなみに中古本ですが、帯も付いていました。


小口

小口の部分。

本の厚さは下巻とほぼ同じ(1cm程度)で、ページ数は約120です。


背表紙

背表紙には、4コマ作品らしいコンパクトさが感じられます。


一番上に戻る

読んだ感想

内容は下巻と同じく、非常に気楽に読めて和むことができるもので、キャラクター・絵柄の可愛らしさと合わせて、今更ながら「買って良かった」と感じるものでした。

永遠亭以外の面子も意外に?多く登場しており、意外なキャラクター同士の組み合わせ・やり取りを見ると、ちょっと得した気持ちになりました。

発売から時間が経ってはいりますが、読むことで「東方」の作品世界に対する味わいが増す良作だと思います。


※検索結果:


一番上に戻る

関連ページ

ゲーム

書籍

コミック

CD


一番上に戻る

(スポンサード リンク)


更新履歴

  • 2012/9/18:アップロード
  • 2013/6/30:細部をいろいろ変更。

一番上に戻る