パッケージ

今回は2010年9月に、ゲーム「妖精大戦争」と同時に「O-TRAP 楽天市場店」で購入したものです。

「蓮台野夜行 Ghostly Field Club」のパッケージ表

パッケージの表面。

線画に淡く色がつけられているイラストで、同サークルのゲーム作品とはまた雰囲気が異なっています。


「蓮台野夜行 Ghostly Field Club」のパッケージ裏

パッケージ裏面には、収録曲(全11曲)のリストが掲載。


背帯を外して並べたところ

背帯を外して、CDケースと並べたところ。


CDケースを開けたところ

CDケースを開けたところ。

インストカードには、各曲ごとに、「秘封倶楽部」の部員「蓮子」と「メリー」の短い会話と独白が記載されています。


CDの収納部

CDの収納部の背景は、ステンドグラスのようです。

パッケージは全体として、夜のイメージが強く、暗く謎めいた印象があります。


一番上に戻る

聴いた感想

収録曲は、ゲーム「東方妖々夢」等の曲のアレンジ作品も入っていますが、オリジナル曲が大部分です。

「秘封倶楽部」については私はあまり知らず、本作を購入するまで、(キャラクターの第一印象から)曲は静かなものが多いのでは?と想像していましたが、実際に聴いてみると、かなりかっこ良い曲が多いのが意外でした。

ゲームのアレンジ曲は、ゲーム本編よりもかなり聴きやすくなっている感触です。 (私にとっては、ゲーム本編の曲は単体で聴くと刺激が強い)

特に「少女幻想」は、ゲームでの元気良さと違い、本作ではかなり儚い印象の曲になっており、文字通り「幻想」的なイメージが強調されていると感じます。

全体を通して聴きやすい曲が揃っており、現在ではBGMとして、つい何回も聴いてしまうCDになっています。


楽天市場

一番上に戻る

関連ページ